【ナカバヤシ Digio2 Q トラックボール】静音・小型!初めてのトラックボールに!

雑多
スポンサーリンク

 トラックボールを使ったことはありますか?
 マニア向けのデバイスと感じるかたもいると思いますが、メリットを知ればきっと使ってみたくなると思いますよ!
 数あるトラックボールの中、僕がナカバヤシの「Digio2 Q」をおすすめする理由と、あわせてご紹介します。

 何を隠そう、僕自身がトラックボールを「マニア向けデバイス」として勝手に遠ざけていました。
 ですがトラックボールを実際に使ってメリットを実感した今は、マウスと使い分けつつも主にトラックボールを使っています。

 マウスで十分なのに「なぜ敢えてトラックボール?」は、なかなか理解しづらいと思います。
 でも相当数のファンがいるのには、それ相応の理由があるからなんです。

 マウス操作に慣れている人ほど、トラックボールの操作に違和感を感じてしまいますが、それは最初だけの話。すぐに慣れて手放せなくなりますよ!

トラックボールのメリット

 僕が感じるトラックボールのメリットは、大きく以下の3つだと思っています。

  1. 疲れづらい
  2. 場所をとらない
  3. ポインターの操作が早い
  4. どこでも使える

疲れづらい

 僕がトラックボールを使い始めた一番の理由はこれです。
 マウスとちがい、動かすのは親指のみ。
 マウスが肘を支点にして手全体を動かすのに対して、トラックボールは肘はもちろん、手首から手のひらにかけても動かしません。

 これは長時間パソコンを使う人ほど、その効果がわかりやすいはず。
 作業後は、手や手首の疲れだけでなく、肩などもとても楽です!
 手首をほとんど動かさないので、腱鞘炎などの対策としてもとても効果があると思いますよ!

場所をとらない

 トラックボール本体はひとつの場所に置き、動かすのは内蔵のボールだけなので、狭い場所でも不自由なく使えます。
 会議などで隣の人と席が近いケースなど、あまり自由にマウス操作ができない状況もありますよね。そんなときでもトラックボールなら、置けさえすれば誰に迷惑をかけることなく快適操作が可能です。

ポインターの操作が早い

 最近はモニターも大画面なものが安価に入手できるようになりました。
 高解像度のモニターでは、画面の端までポインターを移動させるのにマウスもズイ~ッと・・なんてことありませんか?
 トラックボールなら親指の上下だけでスマートかつ速やかに、ポインターを画面いっぱいに移動させることができますよ!

どこでも使える

 マウスはセンサーが底面にあるので、つまり机の上などの平らな場所で使う必要があります。
 一方トラックボールは本体内のボールの動きを検知します。つまり置く場所はどこでも構いません。
 例えばスペースの限られる場所ではトラックボールを腿のうえに置いて操作したり、トラックボールごと布団の中にしまい込み、手を布団から出さずにトラックボールを操作したり。 

手首から手のひらは机とトラックボール本体に添えて動かしません。
動かす必要があるのは親指だけなので、変な場所に力が入らずとても楽ですよ。

トラックボールのデメリット

 そんなにいいなら世の中すべてトラックボールになるはず。
 確かにそうなってはいません。僕が思うトラックボールのデメリットはふたつです。

  1. 操作に慣れる必要がある
  2. 細かなポインターの移動が苦手

操作に慣れる必要がある

 ほぼこれでしょう。
 何の疑問も抵抗もなく使っているマウスから、わざわざ慣れないものに乗り換えるのは、面倒ですよね。

 実際に使ってみると、ボールを転がしてポインターを動かすという基本的な動作は、意外に直感的なものですぐにできます。心配ありません。
 ちょっと戸惑うのは「ドラッグアンドドロップ」ですね。
 ボタンをクリックしたまま離さずに、本体ごとグググッ・・とどうしてもやりたくなってしまいます。そこはボタンを押したまま、ボールをコロコロッと。
 分かってしまえばすぐなんですけど、しばらくはぎこちなくなるかもしれません。

 最初は考えることと手の動きが一致しないことがあるかもしれませんが、そんなことも数日程度の話。すぐにマウスでもトラックボールでも違和感なく操作できるようになりますよ!

細かなポインターの移動が苦手(設定で回避可)

 ポインターを画面上の小さな一点に合わせる・・というような操作は、概して苦手だと思います。
 たとえばエクセルのセル右下にポインターを合わせて、ドラッグしての書式コピーとか。

 曲線的な動きを正確に行うのも難しいです。(人によるかも)
 ですので、パソコンで絵を書いたりするのにも向かないと思います。

 ビジネスアプリやWebブラウジングなどで、直線的に効率よくポインターを動かすような使い方に向くものと思います。

 OSのポインター速度設定を遅くすることで、操作性を改善できます。
 一方であまり遅くすると、トラックボールの特性である「素早いポインター移動」ができなくなるので、自分の使い方とのバランスを見極めるのがいいと思います。

Digio2 Q トラックボール おすすめポイント

 トラックボールの一般的なメリットとデメリットを書いてきました。
 デメリットとして上にはあげませんでしたが、最も売れているであろうロジクール社の製品をはじめ、トラックボールって見た目がえらくごつくて特殊な印象ありませんか?
 少なくとも僕はトラックボールを仕事場に持参して使う気にはなれませんでした。

 そんなトラックボールの見た目に対する固定観念を拭い去り、数あるトラックボールの中でも際立った特徴をもつ、ナカバヤシ製の「Digio2 Q トラックボール」をおすすめしたいと思います!
 簡単にいうと、Digio2 Q トラックボールのメリットはふたつです。

  1. 小さい
  2. 静か

小さい

 前に述べたとおり、トラックボールは概して大きくてゴツい製品が多いです。
 そんな中にあって、Digio2 Q トラックボールはとてもコンパクトです。
 使うにあたっても、すっぽりと手のひらに収まる感じで、女性や手の小さいかたでも楽に使っていただけると思います。

ロジクールのコンパクトなマウスM590と比べても、厚みはあります。
横幅も少し大きいですが縦には小さい。全体的な印象は十分コンパクトです。

 コンパクトなマウス ロジクールM590と比べて、厚みや横幅は大きいものの、縦にはむしろ小さいです。実物の見た目も、とてもコンパクトに感じます。
 とくに外観のデザイン!他のトラックボール製品にはないシンプルさで、一見すると「普通のマウス」のようです。
 これなら仕事場に持っていっても、好奇の視線にさらされることはないでしょう。

静か

 各ボタンの操作音が静かなのもありがたいです。
 M590も静音マウスをうたっていますが、まったく同等の静音性といえます。

 煩わしい作業音から開放されて自分の作業も捗るし、周囲への迷惑を心配する必要もなくなりますよ。

まとめ

 トラックボールを使うことで、パソコン作業での体の負担が減りますよ!
 加えて狭い作業スペースで使えて、素早くポインター操作できることがメリットです。
 一方デメリットは、操作に慣れが必要なこと。

 おすすめの「Digio2 Q トラックボール」なら、シンプルかつコンパクトなデザインで、トラックボールの見た目の抵抗感がありません。
 また静音性を併せ持つ製品も少ないので、Digio2 Qを選択する理由のひとつになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました