フラットを借りて、ニュージーランドに住む! -NZ生活

旅行
スポンサーリンク

 僕が初めてニュージーランドに訪れたときは約3ヶ月の滞在。ワーホリでもホームステイでもなく、ただ釣りをするために勝手に押しかけ、「いかにお金をかけずに暮らしていくか」は重大なテーマでした。
 おそらく3ヶ月の滞在で、一番お金がかかるのは宿と車。宿に関して、僕の選択は現地のアパートを借りること!豪華ではないけど、現地の生活に溶け込むことができたような、貴重な経験でした。

アパートはフラット

 ニュージーランドでは、日本で言うところのアパートをフラット(Flat)といいます。大抵は平屋か2階建て、日本ではあまり見かけない長屋のように何軒かが連なっているという感じです。長期滞在ではホテルにばかり泊まっていたら、あっという間に資金が底をついてしまいます。
 経済性を優先して、多少難易度高めとは思いつつもフラットを借りることにしました。

 フラットの契約は、現地の日本人旅行者向けのエージェントに頼んで手配してもらいました。細かな条件は指定せず、「ロトルアでひとりで住む。安いほうがいい。」くらいで依頼。
 こだわりがあれば、現地到着後に探すのがいいと思いますが、スムーズに物件が見つかって、契約ができるとは限りません。その間の滞在費や時間のロスは、考えておく必要がありますね。
 自分で手配する場合は不動産屋にいくか、地元新聞のクラシファイド欄などをあたる感じでしょうか。不動産屋で物件を紹介してもらう場合の手数料は家賃の3週間分ほどが相場のようです

こんな感じです。

 僕が借りた部屋は、平屋で3軒が連なっていました。
 広さは12畳ほど?のLDと8畳ほどのベッドルーム、「1ベッドルーム」と表現されるタイプで、日本でいう1LDKですね。
 こんなに広い物件は必要なくても、「1ベッドルーム」と表される最小間取りがこういう形態なのです。

ファシリティの手配

 生活設備は物件によって違うので、確認しなければなりません。
 僕が借りた部屋は電気は入居者が契約、ガスは無し、水道はタダ!
 ガスは引かれている物件は少ないようです。でも、200W電源の強力なオーブンやグリルが備え付けられているので、困ることはありません。

設備

 僕が借りたフラットの設備は以下のような感じでした。

風呂

 シャワーのみでバスタブは無し。1ベッドルームの場合大抵バスタブは無いようです。
 僕は日本でもほとんどシャワーで済ますので問題ありませんでしたが、お風呂好きは注意ですね。

キッチン

 電気式のコンロ・オーブンがありました。もちろんIHではなく、電熱線グルグルのやつです。
 立派なオーブンがついていましたが、僕は使いませんでした。(肉を焼いてみたかったけど、使い方が分からなかった・・)
 フラット住まいで困ったことはそれほどないのですが、唯一冷蔵庫が無いことは、すごく苦労しました。たいした料理はしないとはいえ、肉や魚は食べきるしかないし、ビールを冷やすことができない。。

電気給湯器

 日本のように「電気料金がお得な夜間にお湯を沸かしている・・」とは思えませんが、庭にでかいタンクがあり常時お湯が沸かされています。水道もシャワーも、ぬるま湯を使うときはこのお湯と水の量を蛇口で調整して出す方式でした。

 北側のキッチン脇に出口があり、小さな(といってもNZサイズなので・・畳でいったら10畳ほど?)の庭がありました。物干しにロープが2本かかっていて、濡れたテントを干したりするのに重宝しました。

駐車スペース

 部屋の前のスペースに止める感じでした。
 ニュージーランドはクルマが無いと日常生活さえままならないので、「無い」ことは考えられないとはいえ、予め確認したほうがいいですね。

家賃

 気になる家賃・・といっても、場所によって大きく差があるでしょうね。
 僕が部屋を借りたのは「ロトルア」という、NZ最大の都市オークランドから250kmほど離れた田舎町です。その地域でおそらく「中の下」という感じの物件で、家賃はNZ$520・当時のレートで4万円くらいでした。
 とにかく安くあげたければ、キャンプ場のテント泊で$10/日・2万円/月くらいでもいけそうですが・・洗濯・シャワーとか、いろいろ大変ですよね。
 モーテルならなんでもあって快適だけど、安いところで$50/日くらい。3倍くらいはかかってしまいます。

その他

 あとは洗濯機がありました。
 電灯やカーテンも備え付けられていました。
 僕が購入した(正確にはケチってレンタルした)家電は、掃除機だけです。もちろんこれは釣りのためのベースとして借りたためで、普通に暮らしたかったらテレビあたりは必要だったかも。
あとはベッドがないことが多いと思うので、注意ですね。僕はホームセンターでマットレスとタオルケットだけ買って寝ていました。

 さらに安くあげたければ、フラットを共同で借りる「フラットシェア」という形をとる人も多いようです。新聞のクラシファイド欄や”ワーホリセンター”などで、シェアメイトを募るんだそうです。
 この場合2ベッドルームや3ベッドルームなどの部屋で、リビングやキッチン・シャワーを共用というにして、部屋代は人数で割る。でもシェアメイトに気を遣うだろうし、プライバシーも気になりますね。

まとめ

 長期(3ヶ月以上くらい?)で滞在するなら、滞在費の点でフラットの選択はアリだと思います。
 滞在費の面だけでなく、長期の旅では「拠点」が定まっていることは、すごく安心感があります。
 ゴミ捨てに出て隣人と顔をあわせ挨拶を交わすだけでも、「ニュージーランドで生活している!」という実感が持てますね。

 一方、よほど長期の休暇がとれたでもなければ、素直にモーテルを使うのがなにかと便利です。
 安いモーテルでもなんでも揃っているし、ちょっと贅沢すればプールやジェットバスがついていたり。いろんな宿を渡り歩くのも、旅の楽しみになりますしね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました