【函館旅行(3/4)】歩け歩け!五稜郭。カロリー消費してお寿司!

旅行
スポンサーリンク

 市電やバスも使いこなし、すっかり函館の街にもなれてきた3日目。
 2日目好天でぎっちりまわったので、この日はゆったりしたスケジュールで五稜郭の見学。
 その後は「きくよ食堂」、「函太郎本店」で海鮮三昧の予定でしたが・・。

今朝も快晴!朝散歩。

 函館ビヤホールでいい一日を締めくり、朝から快調!天気もいいので駅周辺を朝の散歩。
 前日は市電の湯の川終点方面を歩いたから、せっかくだから反対の終点を目指してみよう。それというのも、初日から市電をみていて気になった「函館どつく」行きの電車。”どつく”ってなんじゃら?
 ルートを調べる最中、ようやく勘がはたらき気が付きました。”どつく”は”ドック”だな、と。函館といえば青函連絡船ですからね。
 「函館どつく」の謎は解けてしまったけど、実際ドックってどんなものなんだろう?ということで、なおさら興味がわきました。
 ホテルから「函館どつく」までは市電沿いだと一本道。でも行きと帰りで同じ道はいやなので、行きは海沿いの道をすすみます。
 往復すると1時間半くらいはかかりそうだったので、途中はあまり寄り道せずに進み、さすがにひっそりと静まっている金森赤レンガ倉庫街を抜けてさらにひたすら海沿いを歩く。途中からは結局市電沿いの道になってしまうけど、函館山に向かう幾筋もの坂道が現れ、函館ならではの景観で楽しめました。
 そして終点の「函館どつく」駅に到着。終点ってなにか特別感がありますね。
 そして「函館どつく」の正門入口・・は守衛さんがいて到底入れる雰囲気なし、中は全然見えず。まあ当たり前といえば当たり前ですね。

朝の閑散とした金森赤レンガ倉庫と函館山。
陽が射してきました。市電沿い、函館山に向かう傾斜には幾筋もの坂道。
市電終点の「函館どつく前」。すごくシンプルな終点ですね!

新しくて快適・便利!JRイン函館

 帰り道は市電沿い。アイヌ民族資料館やら北島三郎記念館など、気になる施設を横目に足早にホテルに戻りました。
 2日目からの宿は、JR函館駅直結の新しいビジネスホテル「JRイン函館」。
 最近のビジネスホテルの流行だと思いますが、最上階には大浴場、そして豪華な朝食。JRイン函館もそれらのトレンドをとりいれた、至極快適なホテルでした。
 特にすごいのは朝食。函館の居酒屋「函館まるかつ水産」が入居して、朝から海鮮がすごい!なにせミニ回転寿司コーナーあり、イクラに活イカ盛り放題の海鮮丼コーナーあり。あまり食べ過ぎると昼・夜の函館グルメの前にお腹いっぱいになってしまいそう。・・でも、食べてしまいますよねえ。

イメージイラストみたい!ですが、散歩の帰りにとった写真。
駅の奥にJRイン函館が直結されて至極便利です。
食べすぎないように・・と思いつつ、第一弾で寿司だらけ。このあとイクラ丼。

JRイン函館
住所: 〒040-0063 北海道函館市若松町12番14号
電話: 0138-22-2333

五稜郭をぶらぶら

 前日順調にまわれたので、この日は時間にも余裕がありました。
 ホテル朝食ですっかり満腹になったのでゆっくり休み、11時ころにようやく五稜郭観光に出発。

 乗り慣れた市電で「五稜郭公園前」駅までは15分ほど。
 函館の副都心という感じですね。歩いてもいけるような距離ですが、こちらはむしろ「ビジネス街」的な雰囲気もすこし。
 そんなちょっと都会的な道を歩くこと10分ほど。五稜郭タワーが現れました。

 ここもやはり人気スポット。10分ほど並んで展望台へのエレベータに。
 そして展望台、すごくいい!五稜郭といえば特徴的な星型の土塁とお堀!それが高い場所から全貌を眺められて、ただ高いだけの展望台とは一線を画しています!
 しかもコンパクトな函館の街の真ん中のような場所に位置する五稜郭。初日に泊まった湯の川温泉方面や、函館山方面の海と山の景色まで、360度一房できる!
 個人的、ベスト展望台です!

五稜郭の特徴的な星型。上空からみてこそ、ですね!

 タワーを出て、五稜郭内部の見学。
 お堀に浮かぶボートをみて「乗りたい!」と思いつつ、妻が船酔いする恐れがあるので辞めておき・・、なんとなく見回すとどうも星型の土塁を歩く道がついている?
 階段状にあがれる場所から土塁のうえにあがって歩きだすと、一気に観光地の喧騒から離れたような静かな世界。延々と堤防上をつづく木陰の道を歩いて30分ほどかけて1周する五稜郭散歩。妙に楽しく、清々しい気分になれましたよ!

五稜郭タワー
住所: 〒040-0001 北海道函館市五稜郭町43-9
電話: 0138-51-4785
営業時間: 4月21日〜10月20日 8時~19時
      10月21日〜4月20日 9時~18時
定休日: 年中無休

函太郎本店に参戦!

 不覚にも!ホテル朝食の食べすぎ、連日の暴食がたたって、この日は昼食を抜くことにしました。
 予定では朝市のきくよ食堂でうにいくら丼の予定でしたが、これは最終日にまわします。

 ホテルで一休み。昼食を抜いた分、夕食というには早い4時頃到着を目指して出発。
 目的地は「函太郎 宇賀浦本店」。東京駅の立ち食い店で「生サバ」を食べて以来、回転寿司フリークの自分史上トップ3には入るお店です。せっかく函館に行くのなら、本店に行ってみたいと思っていました。

 僕はお寿司といえば昼夜問わずお酒が付きもの。
 ホテルから函太郎は2キロほど。腹ごなしに歩いて行こう・・と思ったのがバカでした。「漁火通り」といわれる幹線道路、行き交う多くの車の脇を延々と歩くのは流石に退屈でした。。
 そして4時過ぎくらいになんとか到着。夕食どきにはまだ早いのに、すごく混んでる!
 1時間近く待って、ようやく席に通されましたよ。

満席の函太郎 宇賀浦本店。窓の外はすぐに海!

 食傷気味で昼食を抜いたとはいえ、夕方にもなればすっかり空腹。
 大好きな青物から、マグロトロなどに進みつつ、「函太ロール」というサラダ軍艦の豪華版のようなものなど。どれも美味しいし、今日もたくさん歩いてビールがうまい!

なにを頼んでも美味しい!

函太郎 宇賀浦本店
住所: 函館市宇賀浦町14-4
電話: 0138-32-4455
営業時間: 11時~22時

延長戦

 すっかり上機嫌で、帰りはタクシーを呼べばいいのに、調子にのって歩いてホテルに。
 時間も早く、たくさんあるいたせいかまだ食べられる! ということで、通りがかりの北海道コンビニ「セイコーマート」に立ち寄り、これも北海道ならではの「PALMビール」と「焼きそば弁当」を購入。
 函館最後の晩を、ホテルに戻ってからも楽しみました。

北海道だけ!

 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました